スマホの開発には欠かせない?リバブレーションチャンバーとは

リバブレーションチャンバーって?

リバブレーションチャンバーとはスマホ開発の現場などで利用される機器のことですね。スマホや携帯が無線通信をしているのはご存知の通りです。この無線通信に必要な無線アンテナを開発するとき、実反射環境を作り出してくれるのがリバブレーションチャンバー。スマホなどの無線機用テスターと共に利用することで、その無線アンテナの評価を知ることが可能です。リバブレーションチャンバーはスマホなどが進化するためには必要不可欠ということです。

リバブレーションチャンバーの小型化

少し前までは実反射環境を作るのに大規模な設備が必要でした。そのため、中小企業などは手が出せないことも多々あったのです。しかし、近年のリバブレーションチャンバーは小型化の傾向にあり、普通のオフィスなどでも無線のアンテナ性能評価が可能となりました。小型化でありながら高性能なのもポイントです。同時に製造コストのダウンも加わり、昔よりも確実にリバブレーションチャンバーは進化し使いやすくなっています。おそらく、これからも進化を続けていくでしょう。

いろいろな測定に使われる

近年は無線端末の数が非常に増えており、開発段階での多角的な検査が必要になっています。リバブレーションチャンバーでは無線端末の総放射電力、双方向性受信感度、スループットなどの検査を行うことも可能なため、もはや製品を開発したり、その製品を評価するのに欠かせない存在と言えるでしょう。無線端末の無線技術はこれからも発展を遂げていきます。その際の検査においてもリバブレーションチャンバーが重要になってくることは確実でしょう。

ノイズをセーブすること計算して設計された空間を、リバブレーションチャンバーといいます。主に、動作確認・研究などに利用されています。