どのような状態が包茎で治療が必要なのか?

自分の包茎はどの常態か?

包茎には、皮のかぶり方の状態によって治療が必要な場合と必要でない場合とに分かれます。名称的には、仮性包茎と真正包茎に分かれます。治療が必要な包茎は真正包茎です。それぞれの特長を上げると、仮性包茎は、通常は皮がかぶった状態ですが、勃起時などや手で?くことが可能な状態の包茎です。よって性行為時には皮を剥いて行えばいいので治療が必要ありません。真正包茎は、通常時も勃起時も皮をかぶった状態のため性行為が行えません。よって治療が必要です。

治療・手術の方法はどんな感じ?

真正包茎の場合は、余分な皮を切除する治療・手術を行う必要があります。現在の医療は進歩していて入院の必要はないようです。手術内容もレーザーメスにて余分な皮を切除して亀頭部分を露出させるために痛みも少なく出血もあまりないといわれています。術後は、術後経過の観察、消毒などのため数日の通院は必要です。むしろ、術後は亀頭部分が露出するので肌着との摩擦による痛みがひどく慣れるまで約1か月間は必要とされています。

包茎は恥ずかしいものではありません!

包茎は、よく恥ずかしいものと思われがちですが、実は日本人の半分ぐらいが包茎です。皮をかぶっているからと言って仮性包茎であれば性行為に問題がありませんし、女性側もそんなに気にしてはいないようです。ただし、仮性包茎の場合は、通常時皮をかぶっているので臭いが気になることがあります。そのために相手のことも考えて常に清潔に意識することが必要です。また。挿入時は余分な皮が巻き込むことがあるためにきちんと皮を剥いた状態で挿入するように心がけてください。

加齢によって性器の細胞や収縮することで相対的に包皮が余ることで包茎の状態になります。事前に細胞の収縮を防ぐ処置を施し、性器のサイズを保つように心がけます。