こんなにある!がん先端治療を受けることのメリット

先端治療なら隠されたがん細胞まで攻撃できる

がん治療には主に、外科的な手術や抗がん剤の投与、さらには放射線治療などがあります。これらはそれなりに効果がある手法なのですが、すでに発見されているがんにしか効果がないものでもあります。身体の奥底に隠されたがん細胞を攻撃することは基本できません。しかし、最先端のがん治療の中には、発見されていない隠されたがんに効果があるものも多いです。たとえば、遺伝子治療や免疫療法がそれに当たりますね。こうした手法を使えば、未発見のがんまで自動的に攻撃ができて命が助かる可能性も増えます。

人体への副作用が少ないのもポイント

がんの先端治療には、免疫療法と言って人間が本来持つ免疫系をフル活用するものがあります。こうした手法を使えば、ほとんど副作用を出すこともなく効率的にがん細胞を駆逐していくことができるわけですね。自然治癒力を極限まで高めるだけなので、危険性も少なくなっているのです。抗がん剤の投与は、時に大きな副作用が出て来ることもありますし、放射線治療も完全に安全とは言い切れません。最先端の治療方法を選択すると、闘病生活が楽になっていいですね。

生存確率も大幅にアップする

がん先端治療は、ほとんどが自由診療になるのでコストは高くついてしまいます。ですが、その分効果にも期待が持てます。保険でカバーできる治療法と並行して使っていくことで、生存確率を大幅にアップさせることができるはずです。どうしてもがんを克服したいという場合には、お金には糸目を付けずに先端治療を選びたいものですね。人は生きてさえいれば何とかなるものですから、がんが進行をしても諦めないことが重要です。毎年のように新しい治療法が出て来ているため、将来的にはがんは治せる病気になるかもしれません。

がん先端治療は治療の効果が高く、回復が見込まれますが、治療費が高額になりがちです。しかし、保険でカバーできる治療もあります。